在庫切れを起こしてしまった。そんな時に必要な心構え。

標準

こんばんは。天道です。

 

こういった人を相手にするビジネスをしていると

どうしても避けては通れない事がやってくるもの。

 

それは

 

 

クレームやトラブル。

 

ebay輸出を無在庫なんかでやってると、いつかは仕入れることが出来ずに在庫切れを起こしてしまうことがある。

代表的なトラブルだす。

 

仕入れられないと判断したら、すぐにお客さんに連絡をしよう。

この

 

すぐに

 

っていうのが大事だ。

 

どういう風に対応するかは各自で黄金パターンを見つければいい。

天道も在庫切れを起こした時は、お決まりのメッセージをバイヤーさんに送ってる。

この内容は大したことないが天道がどんな感じで送ってるかはメルマガ限定で書きます。

 

これを読んでる方で経験したことある人も居るだろうが、

何か商品を買おうとしてAmazonや楽天で商品を購入した。

↓  数日後

在庫がなかったからキャンセルしますって連絡が来る。

 

これ、結構ムカつかない?

すぐに連絡してくるならまだしも、普通に数日後に一方的にキャンセルされるからね。メールに埋もれて気づかないことも多いのに。。。。

 

この経験を考えれば、早く対応する必要性が分かるよね。

このお客さんへの対応の時間と怒りの度合いってのは比例する。

早ければ早いほど穏便に済むし、遅ければ遅いほどメンドクサイ人に変化する。

 

天道の場合、ネット上で仕入れられなかったら、在庫切れとすぐに判断します。

結構ヤッてる人がいる印象があるが、色んな実店舗に電話して在庫確認する方法もあるじゃない?

あれは否定はしないけど、本当にそこまでヤルほどの価値がある商品なのか考えてみよう。

利益が少なかったら、天道はそこまでしない。

 

だったら、すぐにバイヤーさんに連絡します。

 

実際に昨日も合計4件の在庫切れを起こしちゃったし。。。

けど、今のところ特に面倒なことにはなってない。

 

というわけで問題やクレームはすぐに対応しよう。

対応するのは面倒だし億劫なのは分かる。

 

しかし、ムスコと同じで後回しにして溜めると

大きくなって返ってくるから。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

メルマガ登録はこちら!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です