宗教に勧誘された話。そこで見つけた共通点。

標準

メリー〇〇〇〇ス!!

こんばんは。天道です。クリスマスの本日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

本日キリストの誕生日ですが、全然関係ない宗教に勧誘された話をしようと思う。

 

前回の記事にも書いたように先日、本当にとある宗教?に勧誘されたのだ。

 

 

相手は先輩。

本業の仕事が終わったあとに、初めて食事に誘われたのだ。

 

会社近くのファミレスへ2人で行きました。

 

元々別の先輩から噂は聞いてたし、知り合って長いのに今さら何故2人で食事?

と勘ぐっていた。

 

食事を始めると、普通の談笑で終わりそうだったがドリンクバーでジンジャーエールを注いで戻った時に持っていたバッグを見逃しはしなかった。

〜ねぇ、その可愛いバッグには何が入ってるの?〜

 

ドリンクを注いで席に戻り、先輩の顔が真剣になり

口を開いた。

 

 

『天道くん、人生の目的って何だと思う?』

 

 

これは来たなと。

 

普通に談笑で終わってたら笑って終わらせてあげたのに。

天道は過去に色々あり、こういった勧誘ものは全般的に大嫌いだ。

 

案の定、そこから色々な話をもちかけて誘われる。

しかし、天道の意思は強くことごとく相手の信仰を否定しないように拒否をし続けた。

それでも、まぁ〜しつこい!!

最後に見逃さなかったバッグから何かを取り出し、ファミレスなのにお経みたいなの唱えられました。

 

もう最後の方とか全然話し聞いても右から左へ受け流していたのだが、はなしの流れを聞いていて気づいたことがある。

 

あ、これってセールスレターやセールスの流れと同じだ。

 

ってね。

 

現在の不安なことや心配なことの共感を得る。

将来に起こるであろう脅威の出来事を語る。

これをやれば大丈夫ですよーって提案。

鬼のような売り込み。

 

まぁ全てがこんな感じではないかもしれないけどさ、大体こんなもんだよね。

 

しかし、宗教の勧誘されてんのにこういった想像しちゃうとこが一種の職業病ですね。。。。

 

 

というわけで今回は全然ビジネス系の話ではなかったけど、最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

素敵な性なる夜を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です