しつこい値下げ交渉のかわし方

標準

男「よう!姉ちゃんいくら?」 女『6万よ。』 男『たっか!!1回だけ4000円で頼むよ♡』 女『てやんでぇ!!おととい来やがれってんだ!』   こんばんは。天道です。   海外の人の特徴とも言える1つに、とんでもない値下げ交渉をしてくるというのがあります。 大阪のおばちゃんでも、こんな交渉してこないわってレベル。 $1500とかで出品してるものを$50にしてくれ。 とか普通にあります。 現在も2件ほど、アホか!?って言えるほどの値下げ交渉が来ている。 このブログの読者の方の中には、そういった値下げ交渉でも対応してる人もいるでしょう。 しかし、もう1つの海外の人の特徴として、しつこくて中々諦めないというのがあります。 みんながそんなじゃないけど、しつこい人は本当にしつこい。   天道は、結構そういう無茶苦茶な値下げ交渉はシカトしてます。   値下げをガンガンしてくる人って、長い付き合いしたい人かと言われると、そんなことなくないですか? 中には海外の業者とかがいるかもしれないが、リピーターになってくれたとしても毎回とんでもない値下げ交渉してくることの方が多いと思います。   けど、読者の中のマジメな方々は、しつこい人にも返事してあげてる優しい人が居ると思う。   そんな人たちにオススメの切り抜け方をシェアする。 それは、   架空の第三者を作る     ってヤツ。   これは、天道的に結構有効だったんだが、とんでもない値下げ交渉や、ムチャなお願いされた時に存在しない架空の上司を作ります。   『ボスに相談したんだけど、やはり君のお願い(値下げ)は受け入れることが出来ないって。申し訳ないけど、ボスの言うことは絶対なんだ。』   これ天道的には結構効果的。 上手く使えば色んな顧客対応のシーンで使えるのでオススメ。 通用しないお客さんもいるけどw   けど、最近感じたんだけど、ムチャな値下げ交渉する人って、ドアインザフェイス・テクニックを使ってる人もいる気がするんですよねー。 実際に天道も、たまにこのテクニック使うし。   ドアインザフェイスとは⇩ http://pharm-kusuri.com/psychologia/door.html   ムチャな交渉も、まずは返事をしてみるっていうのもなしではないし、返事してしつこかったら、架空の上司を作ればいい。   天道は面倒くさがりなので、基本的にはシカトですけどね。笑   本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です