Defect rateについて考えよう 〜Belowになる時とは?〜

標準

こんばんは。天道です。

今日はいい加減にDefect rateについて書いていきたいと思う。

この記事はDefect rateの事をある程度知っているていで書きます。

知らない人も知ってる人もこちらを読めば、さらに理解を深めることが出来るでしょう。  

このDefect rateのルールは一見すると、とても厳しく感じてしまうが理解してしまえば大したことはない。

 

ツンデレな女みたいなものだ。

SAATSの林さんも過去にブログで書いていて、とても共感したことがあるので、その言葉を引用させてもらう。 現在のebayのルールでは

 

Negative評価をもらうことよりもDefect rateのスコアを気にするべき。

 

ということ。

もちろんNegativeを貰わないことは大前提だし大事なこと。

 

しかし、天秤にかけるとDefect rateのスコアの方が大事だと思う。

それでは、まずはスコアの見方。 My ebay→Account→seller dashboard 

こうすれば、現在のあなたのDefect rateのスコアを見ることが出来る。

みなさんが最も気をつけるところは2つだけ。

 

・Transaction defect rate

・Cases closed without seller resolution

この2つだけ。

この2つだけに気をつけておけば、憎きBelow standardにはならない。

結構勘違いしている人が居るが現在のルールでは Late shipmentはBelow standardにはならないからね。

 

これ天道のLate shipment部分のスコア。 スクリーンショット 2016-07-28 1.50.59 ついでにTrackingのスコアも載せておくね。 本当に書留無しで発送してるのかよ!!? って色んな人に言われるから。 スクリーンショット 2016-07-28 1.31.17 ヒドイでしょ?笑 これでもTRSです。 これだけで分かった人がいると思うけど、説明すると。

Late shipmentの棒グラフ?にBelow Standardの項目無いですよね?

Trackingのグラフにも。 分かりやすくするために、Belowの項目があるのはこんな感じ。 スクリーンショット 2016-07-28 1.33.50 この項目があるのが

Transaction defect rate

Cases closed without seller resolution 

この2つです。  

この2つの項目で気をつけることをざっくり言うと

 

1.Seller都合のキャンセル(在庫切れなどでのキャンセル)をしない。

2.Open caseされてもシカトせずに早急に対応する。 (2については、書留無しで発送してる人の場合とっとと返金してしまうのをススメる。)  

これだけ。

これだけ気をつければBelowにはならない。

 

ね?これだけ気をつけておけば厳しくないでしょ?

まさにツンデレな女。

 

こらからもツンツンされてもebayちゃんを可愛がって愛してあげましょ♡

次回はBelowにならない項目についても解説していきたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。        

え?お前本当にTRSなのかって?

TrackingのキャプチャではAbove Standardだったじゃねぇかって?

TRSですよ。

Defect rateのルールを理解していれば、これでもTRSになれるのだ。

 

そうだなー、これはメルマガ読者だけに教えることにしようっと♪    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です